2017年3月第3週 株 コメント

3月第3週 投資部門別売買状況 現物先物合計 現物 先物
投資部門別コメント週次20170310

3月第3週 大手証券 先物手口概算
ブログ週間先物手口20170310

3月第3週 日経平均株価 日中足チャート
週足株価ブログ用20170317

時系列データ
 投資部門別売買状況 現物と先物の時系列表
 投資部門別売買状況 長期時系列グラフ(月次) 
 投資部門別売買状況 先物累積買越枚数 グラフ
 先物建玉残高 証券会社別枚数推移 グラフ


2017年3月第3週の日経平均株価は前週末比83円安の19522円で引けた。この週はNY株価が少し上昇したが、為替レートが円高方向に振れたため株価も上昇を維持できなかった。前週末10日発表のアメリカ雇用統計が良かったが、織り込み済みで為替レートは少し円高で始まった。15日のアメリカFMOCで政策金利が引き上げられたが、FMOCメンバーの年内の利上げ予想が年3回と変化がなかった。これを嫌気する形で為替レートはさらに円高方向に振れた。円高という環境下では今の株価は上昇しにくい。金曜日には森友学園の籠池理事長が安倍首相から100万円の寄付を受けたという発言が報道され、この発言も嫌気された。週間では小幅安となり、4週連続の上昇にはならなかった。

3月第1週の最大の買い手は自己であった。現先合計で6350億円の買い越し。うち現物で3996億円の買い越し。先物で2355億円の買い越し。

この週の日銀ETFは2232億円の買い越しであった。従って、日銀ETF以外の自己は現先総合で4100億円前後の買い越しになる。日銀ETF以外の自己がこれほど大幅な買い越しになるのは昨年12月第2週以来のことである。そして3月第3週は12月第2週と共通点がある。それはゴールドマンによるJ―NETでの日経平均ラージ先物の大口クロスである。12月第2週は3万枚であったが、3月第3週は1.3万枚である。規模は小さくなったが同じことが行われた可能性が高いと考える。その仕組みを下記に示す。

GS先物20170317

16日の1万枚、2050億円のクロスが見えた時、12月第2週の反対売買と考えていた。しかし、投資部門別売買状況を見ると積み増しであった。15日にも同じ売買が3000枚、600億円あった。これらは海外による日経平均ラージ先物の売りとOTCデリバの買いとをゴールドマンの自己がマッチングさせたことになる。

TOPIXラージ先物はOTCデリバの買いを自己が先物でカバーしたものと考えている。1250億円という金額は、後で示す外資系証券14社の売買と先物の投資部門別売買状況の海外の差から算出した。これは特殊な取引ではなく、毎週存在する普通の売買である。OTCデリバと書いたが、その内容はエクイティ・スワップのケースが多いと思うが、それ以外にもOTCデリバとは言えない現物の取引所外取引、SGX先物、大証オプション、日経平均リンク債など様々なものを含むものを一言で表現したものである。この2種類以外の自己には200億円ほどの買い越しがまだ残る。200億円というのはディーラーによるポジション調整の売買の範囲内として認められる金額である。

この週の東証発表の金額では裁定形成買いが1374億円、裁定残はそれ以上増えているので、その増加株数から計算すると1900億円前後の裁定形成売買が入っていたことになる。どちらの金額の方がより正しいかはわからないが、裁定形成の先物売りは、すぐ前に書いた様々なカバー取引から発生する先物買いによって見えなくなっている。東証発表の裁定形成の売りは、三菱UFJ800億円、ドイツ300億円、みずほ250億円などが上位である。

個人は現先合計で1762億円の買い越し。うち現物現金で538億円の買い越し。信用で791億円の買い越し。先物で433億円の買い越し。個人は今年に入ってから11週連続で逆バリである。日経平均株価が83円という小幅な下げにもかかわらず、買越額は多かった。

信託は現先合計で795億円の売り越し。うち現物で1391億円の売り越し。先物で596億円の買い越し。第2週は同じ運用会社内での信託勘定から投信勘定への移し替え分を差し引くと少しばかりの買い越しであった。しかし、第3週は再び売り越しに戻ってしまった。個人は買越額が大きいことに驚きを感じたが、信託は売越額が大きいことに驚きを感じた。

投信は現先合計で1767億円の売り越し。うち現物で595億円の売り越し。野村総研によると、3月第3週の国内株式型の公募投信は575億円の資金純流出であった。この週の現物売りは公募投信の解約で大半の説明がつく。

投信先物は1172億円の売り越し。うち日経平均ラージ先物で1083億円の売り越し。この週に行われた投信による日経平均ラージ先物の大口売買は下記のようになる。

野村アセット「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(野村レバETF)」700億円前後の売り越し。
野村アセット「NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(野村ダブルインバースETF)」150億円前後の売り越し。

上記の2本で850億円の売り越しになる。同種のブルベア型投信で資産規模が大きい大和の2本とシンプレックスの2本を加えると、6本合計で1000億円前後の売り越しであった。この6本のブルベア型投信以外の公募、私募投信が合計して日経平均ラージ先物を100億円ほど売り越し、TOPIXラージ先物を87億円売り越していたことになる。

3月第3週の最大の売り手は海外であった。現先合計で6033億円の売り越し。うち現物で4070億円の売り越し。先物で1963億円の売り越し。先物の投資部門別売買状況の海外と先物手口概算(3種の先物)の外資系14社を比較すると下記のようになる。

ブログ外資系と海外の比較20170310

この週は上記2種類の差が通常の週よりも大きい。この差額はすべて自己の売りと仮定し、先に書いた外資系による自己のTOPIXラージ先物売りの金額を1250億円と算出した。外資系の売買には海外と自己の他に日系の機関投資家の売買も混じっている。しかし、その金額は大きなものではないので、誤差は当然存在するにしても大きくはない。

自己が海外の代理として3900億円買い越していると仮定しても、依然として2100億円程度の海外による売り越しが残る。そしてその売りは現物の売りである。通常は、FRBが予想ほど金利を早く上げないで円高という材料による売りは、投機筋が日経平均ラージ先物に売りを出してくるケースが多い。しかし、今回はそうした売りがあったかもしれないが、売り越しに大きく寄与したのは現物の売りであった。その多くは、昔から長期性の資金で日本株を保有し、昨年秋以降の上昇局面で買い上がりをしなかった投資家で、日本株の売り場をずっと探し続けていた海外投資家が現物を中心に売りを出してきたと推測する。

合計すると、3月第3週は「自己、個人の買い越しvs海外、投信の売り越し」であった。この週は自己部門に海外の代理とも言える買いが大量に入った。それを差し引いても、「日銀ETF、個人の買い越しvs海外、投信の売り越し」であった。それほど悪材料が出なかった割には海外の売りが現物中心に多かった。日経平均株価は83円だけの下落で週を終えることができたが、日銀ETFによる下値での買い支え効果はこの週も非常に大きかった。

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク
目次のページを表示

株式関連 株 コメント一覧

  • 投資部門別 現物先物 時系列表

  • 投資部門別売買状況 時系列グラフ

  • 4月第2週 株 コメント

  • 4月第1週 株 コメント

  • 3月第5週 株 コメント

  • 3月第4週 株 コメント

  • 3月第3週 株 コメント

  • 3月第2週 株 コメント

  • 3月第1週 株 コメント

  • 2月第4週 株 コメント

  • 2月第3週 株 コメント

  • 2月第2週 株 コメント

  • 2月第1週 株 コメント

  • 1月第4週 株 コメント

  • 1月第3週 株 コメント

  • 1月第2週 株 コメント

  • 1月第1週 株 コメント

  • 2016年 年間 株 コメント

  • 12月第4週 株 コメント

  • 12月第3週 株 コメント

  • 投資部門別売買状況アノマリー

  • 日本株 株式分布状況調査

  • 日銀資金循環統計 株 長期グラフ

  • 日銀資金循環統計 株 コメント

  • 株式先物投資部門別売買状況

  • 大手証券 先物建玉推移 グラフ

  • 海外投資家の株式買い越し金額

  • 日経レバETF 先物保有建玉枚数

  • 世界の株価 国別 長期推移

  • 最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    Twitterを表示
    経済指標が意味するところを解説
    FC2カウンター
    最新トラックバック
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    Web Analytics