野村アセット 日経平均ETF 推定先物保有建玉枚数推移

野村アセット
NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信
NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
略して、「レバETF」、「ダブルインバースETF」、加えて「レバ+ダブルインバースETFの合計」の推定先物保有建玉枚数推移を示す。

野村ETF先物グラフ20170420

出所
野村アセットHPとYahooファイナンス上のデータを元に作成

直近とは右下に記入してある更新日がその前日。

注意 
日々の終値で全額売買し、組入比率が常に200%と仮定した場合の推定枚数。この仮定は満たされていないので、推定誤差が毎日必ず存在。数百枚、あるいはそれ以上の推定誤差が存在する日もある。それでも水準やトレンドを、ある程度なら正確に捉えているはず。
2017年4月21日更新

参照 株式売買関連の統計
 現物と先物の投資部門別売買状況
 投資部門別売買状況 長期時系列グラフ(月次)
 株式先物 投資部門別売買状況 累積買越枚数
 大手証券 先物建玉枚数推移 グラフ
 日本株 日銀 資金循環統計に基づく株式売買と株式保有残高
 日本株 株式分布状況調査 2015年度

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

またも、記事と無関係な質問ですみません。
日銀が発表した分配側GDPの試算によると2014年は実はプラス成長で他の年も
上方修正されているそうです。現行のGDPは消費税の処理に問題があるそうで、
過去最高だった企業業績など重視しますと、こちらのほう説得力あるような気もしますが、管理人さんはどちらが実態に近いGDPだと思いますか?
http://www.camri.or.jp/annai/shoseki/gekkan/2016/pdf/201610-7.pdf

申し訳ありません。ありがとうございました。

申し訳ありませんが全くわかりません。逆に知らない情報を提供していただいたことに感謝します。GDPには強い関心がありますが、そこまで手が回っていません。統計には誤差がつきものです。±1%くらいの誤差は常にあります。成長率が10%なら±1%は無視できます。しかし成長率が0%なら±1%は無視できません。多くの統計を見ていると常に統計間の矛盾にぶつかります。解決がつかずに悩んでいるものが多いのです。7日に毎月勤労統計で今年夏のボーナスが+2.3%と発表されました。これでようやく昨年夏のボーナス-2.8%が間違いであることがわかりました。他のボーナス統計は昨年夏のボーナスをプラスと発表しており、どちらが正しいのか悩み続けていました。まだよくわからない矛盾は多数あります。最初の財政再建の話も含め、もう少し時間をください。
全記事表示リンク
目次のページを表示

株式関連 株 コメント一覧

  • 投資部門別 現物先物 時系列表

  • 投資部門別売買状況 時系列グラフ

  • 4月第2週 株 コメント

  • 4月第1週 株 コメント

  • 3月第5週 株 コメント

  • 3月第4週 株 コメント

  • 3月第3週 株 コメント

  • 3月第2週 株 コメント

  • 3月第1週 株 コメント

  • 2月第4週 株 コメント

  • 2月第3週 株 コメント

  • 2月第2週 株 コメント

  • 2月第1週 株 コメント

  • 1月第4週 株 コメント

  • 1月第3週 株 コメント

  • 1月第2週 株 コメント

  • 1月第1週 株 コメント

  • 2016年 年間 株 コメント

  • 12月第4週 株 コメント

  • 12月第3週 株 コメント

  • 投資部門別売買状況アノマリー

  • 日本株 株式分布状況調査

  • 日銀資金循環統計 株 長期グラフ

  • 日銀資金循環統計 株 コメント

  • 株式先物投資部門別売買状況

  • 大手証券 先物建玉推移 グラフ

  • 海外投資家の株式買い越し金額

  • 日経レバETF 先物保有建玉枚数

  • 世界の株価 国別 長期推移

  • 最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    Twitterを表示
    経済指標が意味するところを解説
    FC2カウンター
    最新トラックバック
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    Web Analytics