2015年3月第2週 株 コメント

投資部門別売買状況 長期時系列表はこちら

投資部門別売買状況ブログコメント20150319

2w.gif

投信の日経平均ラージ先物は、11月-2月第1週の合計で9028億円の売り越しであった。この私募投信と思われる投信の売りは、他の投信と合わせて、3月第2週に208億円の買い越しになった。それでも、投信の3月第2週末における日経平均ラージのショートポジションは8820億円まだ残っている。投信の日経平均先物売買は、12月第2週→3月第2週の間に売りと買いの両方で約8800億円増えている。新しくロールオーバーが必要な建玉が増えたことを示す。投信の8820億円のショートが売り埋めではなく新規売り建てであり、現在もショートが残っていることが確実であることを示している。

海外の11月第3週-3月第1週末の日経平均ラージ先物は9424億円の売り越しであった。海外の日経平均先物の売買は12月第2週→3月第2週の間に少し減っており、ここから、新規のショートである証拠はつかめない。それでも、11月第2週末以前の売買動向からは、これがショートポジションである可能性は非常に高いと考えている。株価上昇にもかかわらず、海外は3月第2週に日経平均ラージを1072億円売り越し。結局3月第2週末の日経平均ラージのショートポジションは1兆0496億円にまで膨らんだ。

3月第2週末の時点において、将来の買い戻しになる可能性の高い日経平均ラージ先物のショートポジションは、投信に8820億円、海外に1兆0496億円、合計1兆9316億円存在することになる。

信託現物は335億円の売り越し。現先合計では482億円の売り越し。信託は長年、上がれば売り、という行動パターンに決まっていた。それが変化したのが昨年5月からで、直近まで株価が上昇しているにもかかわらず、現物を3.7兆円買い越している。公的資金は2014年の年初からすでに買い出動していたが、この統計上で公的の買いが明確化したのは少し遅れた5月からである。信託の売買は、19000円の手前から、売りが増えたと言うよりは、買いが減っている。公的も高値を買う勇気はないようだ。官制相場にならなければならないし、官制相場と多くの人は思っているが、官制相場にはなっていない。「クジラ」は休んでいる。

投信現物の売り越しは316億円。日銀ETF352億円の買いを差し引くと668億円の売り越し。日本株に投資する投信は、資金流出が継続している。日銀ETF以上に通常型投信の売りが多いので、日銀ETFの買いがほとんど投信の手口からは見えない。

銀行現物は181億円の買い越し。山口フィナンシャルと名古屋銀行の自社株買いが176億円見える。それを除けば、現物はほとんど動いていない。

事法現物は141億円の買い越し。これも自社株買いが中心と思われる。信託を使うケースも多いはずだが、先に書いた通り、信託全体の売買金額が少ないので、信託経由はほとんど動いていないと思う。

日本の景気回復、日銀の金融緩和・ETF買いと公的の買いで株価は上昇する、と海外投資家は考え、日本株を買い越している。しかし、多くの日本の投資家、特に金持ちの個人はそう考えていない。個人の中で上値を買うのは、近年増加したデイトレーダーだけである。2週連続で個人の信用が合計1213億円の買い越しになっているのは、デイトレーダーを中心とする資金であろう。親から株を相続し、長年持ち株を保有し続けてきた高齢の資産家は、株価が上がれば売らなきゃ損をするという24年間続いた経験則から離れることができない。強列なヒステリシスが形成されており、現物現金は売り越しが続いている。株式投信も解約し続けている。今後も、相場の上げ局面では、売り越しが続く可能性が高い。

結果として、3月第2週は、クジラが休んだまま、海外買い越しvs国内売り越し、で日経平均株価は上昇という、24年間続くパターンであった。株から預金へのグレートローテーション、逆バブル相場に変化は起こっていない。

人気ブログランキング

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

全記事表示リンク
目次のページを表示

株式関連 株 コメント一覧

  • 投資部門別 現物先物 時系列表

  • 投資部門別売買状況 時系列グラフ

  • 8月第2週 株 コメント

  • 8月第1週 株 コメント

  • 7月第4週 株 コメント

  • 7月第3週 株 コメント

  • 7月第2週 株 コメント

  • 7月第1週 株 コメント

  • 6月第4週 株 コメント

  • 6月第3週 株 コメント

  • 6月第2週 株 コメント

  • 6月第1週 株 コメント

  • 5月第5週 株 コメント

  • 5月第4週 株 コメント

  • 5月第3週 株 コメント

  • 5月第2週 株 コメント

  • 5月第1週 株 コメント

  • 4月第4週 株 コメント

  • 4月第3週 株 コメント

  • 2016年 年間 株 コメント

  • 投資部門別売買状況アノマリー

  • 日本株 株式分布状況調査

  • 日銀資金循環統計 株 長期グラフ

  • 日銀資金循環統計 株 コメント

  • 株式先物投資部門別売買状況

  • 大手証券 先物建玉推移 グラフ

  • 海外投資家の株式買い越し金額

  • 世界の株価 国別 長期推移

  • 世界の住宅用不動産価格

  • 長期の実質実質為替レート

  • 最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    Twitterを表示
    経済指標が意味するところを解説
    FC2カウンター
    最新トラックバック
    検索フォーム
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    Web Analytics